HOME > 染寿の歴史 > 代表挨拶

代表挨拶要

はじめまして株式会社 谷呉服店・染寿グループ 代表 谷もと子でございます。
谷呉服店は菅原道真公が何度も登ったという伝説のある「天拝山」の麓、筑紫野市に 明治10年創業致しました。
祖母の嫁入りの時の着物を購入した、母の成人式の着物を購入したなど数世代にわたって ご愛顧いただいているお客様もいらっしゃいます。 多くのお客様に愛されて弊社が100年以上も続くことができ、本当に感謝しております。
残念ながら、日常的に着物を着る機会が少なく、またレンタル等で済まされる方が増えてまいりました。

私どもはこの歴史の中で、ご両親が着物に託されるお嬢様への思いを聞き、また、受け継がれた着物を着ることで改めて家族の絆を感じ晴れやかなお顔になる、そのような場面に立会ってまいりました。 着物を単なる和の「着る物」としてではなく着物に託された思いも同時に伝えていくことができたら、そんな思いを胸にお客様に接していけるよう努力してまいります。

グローバル社会といわれるように、現在多くの海外の企業や情報が日本に入り、また多くの日本人が海外へ進出しております。そのような時代だからこそ日本人として、日本の心を忘れることなく、日本の文化を伝えるお手伝いをしたいと考えております。
着物を晴れの日に着るだけでなく、着物を着ている時間、「きもの時間」が増えることで 受け継がれてきた思いと日本の伝統技術を守ることにお役に立つことができたら幸せだと 思っております。

次の200年へ向けてこれからも皆様に愛されるお店となるよう社員ともども精進してまいります。
代表挨拶

135年の感謝を込めて、お客様に最良の情報をお伝えしていきます。