HOME > 着物のイロハ > よくある質問

よくある質問

きものに関する知識がなく、どれを購入したらいいかわからないのですが...?
答え
ご安心下さい。今は若いお客様も増え、着物をご存じでない方も沢山いらっしゃいます。
呉服専門のスタッフがおりますので分からないこと、不安なことは何でもご相談下さいませ。
お客様のご予算や目的、お好みに合わせたご提案をさせて頂きます。
着た後や汚れてしまった時どうしたらいいのですか?
答え
当店でも着物のクリーニングを承っております。
ワンシーズンお召しになられてからクリーニングに出されると良いでしょう。 ただし、次に着るご予定が未定の場合は一度だけしか着てなくてもクリーニングに出されておいた方が安心です。
少し小柄ですがスラッと見せるにはどうすればいいですか?
答え
全身に大きな柄が入っているものより、細かい柄が入っているものがスッキリして見えます。
可愛らしさより、大人っぽさを演出したい場合は前身頃(まえみごろ)の裾の柄丈がおはしょりより下にあるものを選ぶといいでしょう。
娘の結婚が決まったのですが、最低限必要なものは何ですか?
答え
昔のように嫁入り道具として箪笥(たんす)いっぱいに持たせることは少なくなりました。
しかし嫁ぎ先との関係もありますし、お嬢様に恥をかかせない為にも最低限黒紋付(喪服)と訪問着一式を持たせてあげるといいでしょう。
着物と帯の組合せが分からないのですが...?
答え
お洋服と同じように礼装と普段着があります。 留袖、色留袖、訪問着、付下げ、色無地は礼装です。 帯は金系、銀系、金箔などを用いた華やかな袋帯を合わせます。 ただ、つづれ帯は名古屋仕立てなのですが礼装に使用できます。 小紋、紬は普段着です。帯は金系、銀系や金箔の使われていない帯をあわせます。 形は名古屋帯でも袋帯でもいいのですが、着物の生地が紬なら特に紬の風合いに逆らわない帯を合わせて下さい。 半巾帯を使っても気軽な装いでいいと思います。








135年の感謝を込めて、お客様に最良の情報をお伝えしていきます。